サイトマップ RSS

民主主義の危機 全ての人に問いたい 映画「殺されたミンジュ」 キム・ギドク監督インタビュー (1/3ページ)

2016.1.8 10:30

「今後も感じるまま自由に撮っていきたい」と語るキム・ギドク監督=2015年10月14日、東京都港区(寺河内美奈撮影)

「今後も感じるまま自由に撮っていきたい」と語るキム・ギドク監督=2015年10月14日、東京都港区(寺河内美奈撮影)【拡大】

  • 映画「殺されたミンジュ」(キム・ギドク監督)。1月16日公開(提供写真)。(C)2014_KIM_Ki-duk_Film.All_Rights_Reserved.

 新作を発表するたびに世界を驚かせてきた韓国のキム・ギドク監督(55)が、またまた衝撃作を世に問うた。激しい暴力描写を交えて民主主義の危機を訴えた作品「殺されたミンジュ」。来日したキム監督は「この問題は韓国だけでなく、この時代を生きる全ての人々に当てはまると思う」と話す。

 映画は、女子高生のミンジュが何者かによって殺される場面から始まる。この殺人に加担していたらしき人物が次々と謎の集団に誘拐され、自白を強要される。謎の集団は、あるときは軍隊、あるときは秘密警察とさまざまな権力の象徴の格好をしているが、最初に拷問を受けた容疑者が彼らのアジトを突き止めて…。

 ミンジュとは、韓国語で「民主」のことで、監督によると、韓国は大きな犠牲を払って民主主義を勝ち取ったのに、ここ数年、その民主主義が後退しているように感じるという。そんな状況に対する不満や憤りを映画で表現したいと思ったのが動機だった。

複雑な構造に秘密のコード

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ