サイトマップ RSS

めでて楽しい食の歳時記 京柿 (1/4ページ)

2016.1.10 13:00

華やかな「祝い肴羽子板盛り」。味覚の競演に心も弾む=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)

華やかな「祝い肴羽子板盛り」。味覚の競演に心も弾む=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)【拡大】

  • 丹波産コシヒカリにこだわりお釜で炊くご飯。お焦げがどこか懐かしい=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
  • にぎやかに盛り付けられた「鴨川弁当」。まるで食の宝箱だ=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
  • 旬の魚を盛り合わせた造り。“脇役”が彩りを添える=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
  • 牛肉とフォアグラをエビイモに詰め合わせた射込み田楽。木の芽の味噌で味わう=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
  • 先付はアンコウの肝を使った黄色い豆腐=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
  • 甘鯛で茶そばを巻いた蒸し物。意外な逸品だ=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
  • 心落ち着く和室は古都散策の疲れを癒やしてくれる=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)
  • 西山翠嶂画伯ゆかりの「京柿」の門構え=2015年12月16日、京都市東山区(志儀駒貴撮影)

 【京都うまいものめぐり】

 「八坂の塔」をのぞむ好立地で“食の歳時記”が楽しめる和空間が「京柿」だ。「おやっ」と思わせるアイデアを凝らした料理や、丹精を込めた芸の細かい京料理の数々はきっと舌の肥えた食通たちのお腹も心も満たしてくれる。季節を映す料理に出会える喜びは京都散策の魅力であるに違いない。

 昼に弁当、夜に会席

 昼食メニューには手頃な弁当や会席を取りそろえる。「鴨川弁当」を選ぶと4品の料理が入った木箱や天ぷら、田楽と煮物椀が運ばれる。木箱の中身はマグロ、寒ブリなどを盛り合わせた新鮮な造りや酢の物だが、特筆すべきは、表面にウニを塗って焼いた堀川ゴボウ、カツオの風味が漂う八幡こんにゃく、ほんのりとした甘さがほどよいカニの金糸巻きなど、それぞれの持ち味を生かしたバリエーションが決して飽きさせないことだ。

 もっちりとした食感の生麩の田楽には黄色い白みそ、緑色をした木の芽のみそ、茶色い赤みそが塗られ見た目にもカラフルで3パターンの味が楽しめる。煮物椀の正体はハマグリのすり身を貝殻に詰めて蒸したという真薯(しんじょ)で味わい深い。

正月の華やかさ羽子板に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ