サイトマップ RSS

ライバルも成功 宇宙旅行競争過熱 (1/2ページ)

2016.1.10 07:30

エンジン噴射しながら着陸する、スペースXのファルコン9ロケットの1段目=2015年12月、米フロリダ州(スペースX提供)

エンジン噴射しながら着陸する、スペースXのファルコン9ロケットの1段目=2015年12月、米フロリダ州(スペースX提供)【拡大】

  • エンジン噴射しながら着陸するブルーオリジンのロケット=2015年11月、米テキサス州(ブルーオリジン提供)

 上空に打ち上げた無人ロケットを降下させ、直立した状態で地上に着陸させることに、米国の宇宙ベンチャー2社が昨年に相次いで成功した。宇宙ビジネスの変革につながり、機体の再利用によるコスト削減の期待と、将来の宇宙旅行時代に向けた展望が見えてきた。

 スペースX 昨年末

 米スペースXは昨年12月、衛星を積んだファルコン9ロケットを米フロリダ州から打ち上げ、大西洋の上空約80キロで分離した1段目の機体を、エンジン噴射しながら陸地に戻して着陸させた。SF映画のような光景に世界中が驚いた。

 着陸の目的はロケットの再利用だ。ファルコン9は国際宇宙ステーションに物資輸送するドラゴン宇宙船の打ち上げにも使われ、エンジンを含む機体の価格は数十億円程度とみられる。これまで機体は落下して海に沈んでいたが、回収して再び燃料を注入して打ち上げに使えばコストを大幅に削減できる。

 スペースXは、より大型のファルコンで有人型ドラゴンを打ち上げる計画。最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏はロケットだけでなく宇宙船の地上着陸も構想しており、航空機のように繰り返し飛行するのを目指す。

 退役した米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルも機体は再利用されたが、構造が複雑すぎてコストは削減できなかった。

ツイッターで火花

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ