サイトマップ RSS

老け込むにはまだ早い 福留に復活兆し 大屋博行 (1/4ページ)

2016.1.11 14:30

昨年10月12日に行われたクライマックスシリーズの対巨人戦で本塁打を放つ阪神の福留孝介選手=2015年、東京都文京区の東京ドーム(春名中撮影)

昨年10月12日に行われたクライマックスシリーズの対巨人戦で本塁打を放つ阪神の福留孝介選手=2015年、東京都文京区の東京ドーム(春名中撮影)【拡大】

 【メジャースカウト春夏秋冬】

 昨季はシーズン終盤の失速でリーグ優勝を逃した阪神の中で、38歳にして、復活の兆しをみせた打者がいる。阪神の福留孝介外野手だ。4番を任されることもあり、打率.281、20本塁打、76打点。いずれもメジャーから日本に復帰して3年目で最高の数字だった。

 メジャーで数字残せず

 かつて、ブレーブスは彼の獲得調査に本格着手したことがあった。中日からフリーエージェント(FA)宣言する直前の2006~07年ごろだった。米国から球団幹部も名古屋ドームまで視察に訪れていた。当時の打撃を一言でいえば、とにかくスイングがシャープだということだった。バットのヘッドが立ったまま、ボールにしっかりとインパクトする。打撃の肝になる部分がしっかりとできていた。

 外野手として強肩に加え、足の速さも驚異に値した。米国では走力に優れた選手を「He can fly(彼は飛べる)」と表現するが、福留選手がまさにそれだ。中日時代、ストップウオッチを片手に、福留選手が打席から一塁まで走るのを測定するのが楽しかった。当然、守備範囲も広かった。

長く活躍できる選手の条件 「エブリデー・プレーヤー」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ