サイトマップ RSS

IAEA、規制委を聴取 22日に暫定評価公表 進まぬ原発再稼働 「廃炉」選択も (1/5ページ)

2016.1.12 08:00

重大事故を想定し、可搬式注水ポンプなどで原子炉を冷却する訓練が行われた=2016年1月11日午後、福井県大飯郡高浜町、関西電力高浜原発(鈴木俊輔撮影)

重大事故を想定し、可搬式注水ポンプなどで原子炉を冷却する訓練が行われた=2016年1月11日午後、福井県大飯郡高浜町、関西電力高浜原発(鈴木俊輔撮影)【拡大】

  • 審査申請済みの16原発=2016年1月11日現在。※丸数字は号機。★は東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型軽水炉」

 国際原子力機関(IAEA)は11日、日本の原子力の安全や放射線防護に関する日本の取り組みが適切かどうか調査を始めた。東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえて2012年9月に発足した原子力規制委員会は、IAEAによる評価を初めて受ける。最終日の22日に暫定的な評価を公表し、その後、約3カ月かけて最終評価書をまとめる。

 この日は規制委で会合が開かれ、チームリーダーを務める仏原子力安全局のフィリップ・ジャメ委員が「日本の規制が原発事故を踏まえて、どう改善されたかを評価する。安全基準のさらなる改善につなげてほしい」と述べた。

 IAEAは、加盟国の要請に基づいて専門家による調査チームをつくり、規制機関や原発の検査などを評価する「総合規制評価サービス」(IRRS)を行っている。日本が評価されるのは07年以来2度目。前回の評価では、規制委の前身である原子力安全・保安院を、原発を推進する経済産業省から切り離す必要性を指摘していた。

時間切れで「廃炉」を選択する原発が出てくる可能性も

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ