サイトマップ RSS

Q・タランティーノ 最新作の舞台化を計画

2016.1.13 12:30

米映画監督、クエンティン・タランティーノ氏=2015年12月11日、フランス・首都パリ(AP)

米映画監督、クエンティン・タランティーノ氏=2015年12月11日、フランス・首都パリ(AP)【拡大】

 米映画監督、クエンティン・タランティーノ氏(52)は11日、最新作「ヘイトフル・エイト」の舞台化を計画していることを明らかにした。米メディアが伝えた。

 先月、米国などで公開されたこの西部劇は、南北戦争(1861~65年)終結から数年後の米ワイオミング州が舞台で、賞金稼ぎや保安官らが登場する。タランティーノ氏は「(映画)賞レースが落ち着いたら、舞台の脚本を書き始めたい」と語った。舞台でも監督を務める意向という。日本では2月27日に公開される。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ