サイトマップ RSS

豊富なビタミンCで風邪予防 豚肉とブロッコリーのフライパン蒸し他 (1/5ページ)

2016.1.14 11:00

豚肉とブロッコリーのフライパン蒸し。※276kcal、塩分1.7グラム(1人分)

豚肉とブロッコリーのフライパン蒸し。※276kcal、塩分1.7グラム(1人分)【拡大】

  • 豚肉とブロッコリーのフライパン蒸し(作り方2)__フライパンに油を熱し、キャベツ、ブロッコリー、ニンニクをさっと炒め、水を入れてならして一度火を止める。[作り方1:調理した豚肉]を広げて野菜の上に均一にのせる。
  • 豚肉とブロッコリーのフライパン蒸し(作り方3)__再び火にかけ、ふつふつしたら蓋をして、肉の色が変わるまで蒸し、全体を混ぜる。A[合わせ調味料]を回し入れ、汁けが少なくなるまで炒め煮する(田中幸美撮影)
  • ニラワンタンスープ。※88kcal、塩分1.0グラム(1人分)
  • 料理家、管理栄養士、ダイエットコーディネーター。「スタジオ食」代表の牧野直子さん=2014年4月21日(田中幸美撮影)

 【牧野直子の健康ごはん】

 冬が旬の野菜の中でも栄養価が高いのがブロッコリー。緑黄色野菜なのでβカロテンが豊富です。さらに、ビタミンCやビタミンK、食物繊維などを多く含みます。ビタミンCは水溶性なので、ゆでる場合は房を大きめに切る、または丸ごと蒸すと損失が少なくなります。今回は蒸し煮にするので、ビタミンCは失われません。

 ビタミンCはコラーゲンの生成に必要なので骨の健康や美肌に欠かせません。また、風邪の予防や回復を早める働きもあります。4~5房(100グラム)に含まれるビタミンCは120ミリグラム。これは1日に必要なビタミンC量100ミリグラムを超えています。保存はポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて入れるのが一般的ですが、実は冷蔵庫のある場所に入れるのがよいのだそう。それは冷蔵庫のチルド室です。

 昨年、NHK朝の情報番組「あさイチ」にブロッコリーのゆで方や茎の利用法などについて解説するために出演しました。その際に野菜の流通の専門家の方が、「冷蔵庫のベストの保存場所は0~2度に設定されていることが多いチルド室です」とおっしゃっていました。なぜかといえば、ブロッコリーはつぼみの部分を食べますが、つぼみが呼吸をすると花が開いてしまうので、それを止めて鮮度を保つのによいのだそうです。

<ブロッコリー> どんな料理にも合う

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ