サイトマップ RSS

【ハチイチサン】竹田圭吾さんが伝えたかった思い (1/2ページ)

2016.1.15 09:30

ナビゲーターの竹田圭吾さん(左)と、ジャーナリスの津田大介さん(J-WAVE提供)

ナビゲーターの竹田圭吾さん(左)と、ジャーナリスの津田大介さん(J-WAVE提供)【拡大】

 1月11日(月)のJ-WAVE「JAM THE WORLD」では、前日の10日に51歳の若さでご逝去されたナビゲーター、竹田圭吾さんをしのぶ特別番組を放送しました。前週4日は、体調の優れない体を押し、津田大介さんのサポートでオープニングトークをしました。その際、「来週のエンディングで、番組に懸けてきた思い、リスナーへの感謝、何で月曜日のナビゲーターを降りるのかをきちんとした形でお伝えしたい」と話していました。残念ながら、その思いはかなわず、これがメディアでの最後の言葉となってしまったのですが…。

 追悼番組では、個人的に親交も深く、ジャーナリストとしても竹田さんを尊敬していた津田さんが、ナビゲーターを務めました。これまでの印象深い放送をダイジェストで流し、竹田さんが伝えたかった思いを津田さんのアングルで語っています。「竹田さんはこの番組に対して並々ならぬ思い入れがありました。やる以上は、納得のいく内容にしたい、それが体力的な負担であっても最後までやりたい、『最後まで戦いたい』というのが伝えたかったメッセージだと思っています。そして番組と、リスナーの反応は、栄養であり、治療でもあったと。常々『自分はジャーナリストだから説明責任がある』とも言っていましたから、病気も自ら語りたかったはず。『がんは新しい人生の始まり、自暴自棄になるのではなく自分なりの生き方を見つけてもらいたい』、そう伝えたかった、でもそれができなかったのは本当につらかったのではないでしょうか」

宋美玄さんが語る竹田圭吾さんのエピソード

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ