サイトマップ RSS

人間と野生動物 共存の道を探る 映画「シーズンズ 2万年の地球旅行」 ジャック・クルーゾ監督インタビュー (1/4ページ)

2016.1.15 11:00

「作品全体の雰囲気は敬愛する宮崎駿(はやお)監督の『もののけ姫』の影響を受けています。詩的で、寓話的な世界を作りました」と語るジャック・クルーゾ監督=2016年10月22日、東京都港区(高橋天地撮影)

「作品全体の雰囲気は敬愛する宮崎駿(はやお)監督の『もののけ姫』の影響を受けています。詩的で、寓話的な世界を作りました」と語るジャック・クルーゾ監督=2016年10月22日、東京都港区(高橋天地撮影)【拡大】

  • 社会的な動物で、厳格な順位制が徹底されているオオカミ(P2提供)。(C)2015_Galatee_Films-Pathe_Production-France_2_CinEma-Pandora_Film-Invest_Image_3-Rhone-Alpes_Cinema-Winds-Pierre_et_Vacances
  • 駆動音を極力抑えた特製バギーで迫力ある映像を撮影することができた(P2提供)。(C)2015_Galatee_Films-Pathe_Production-France_2_CinEma-Pandora_Film-Invest_Image_3-Rhone-Alpes_Cinema-Winds-Pierre_et_Vacances
  • ウマは人間の乗り物へと驚異の進化を遂げた動物だ(P2提供)。(C)2015_Galatee_Films-Pathe_Production-France_2_CinEma-Pandora_Film-Invest_Image_3-Rhone-Alpes_Cinema-Winds-Pierre_et_Vacances
  • 極寒の地に適応したトナカイ。シカ類で唯一家畜となった動物だ(P2提供)。(C)2015_Galatee_Films-Pathe_Production-France_2_CinEma-Pandora_Film-Invest_Image_3-Rhone-Alpes_Cinema-Winds-Pierre_et_Vacances
  • 中型ネコ科動物で最強のハンター、オオヤマネコ。約8000年前に人間が貯蔵する食物をネズミから守るためにヤマネコを飼い慣らしたのが、イエネコの起源とされる(P2提供)。(C)2015_Galatee_Films-Pathe_Production-France_2_CinEma-Pandora_Film-Invest_Image_3-Rhone-Alpes_Cinema-Winds-Pierre_et_Vacances

 ネイチャードキュメンタリー「オーシャンズ」(2009年)で名をはせたフランスのジャック・クルーゾ、ジャック・ペラン両監督の次なる作品「シーズンズ 2万年の地球旅行」は、そのタイトルが示す通り、厳しい氷河期の後、1万年前に再び生命の春を迎えた地球をめぐる悠久の季節を独特な演出手法でカメラに収めたものだ。主人公は、オオカミ、ヒグマ、トナカイ、ウマ、オオヤマネコ…といった70種を超える野生動物たちだが、ときには“助演”として古代人に扮(ふん)した俳優も登場する。両監督は、動物たちと人類がどんな関わりをしてきたのかにも言及しながら、この星に生きとし生けるものが重ねてきた時間を圧倒的な映像で紡ぎ出した。

「彼ら」の歴史もある

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ