サイトマップ RSS

【ヤン・ヨンヒの一人映画祭】フィクションだけどリアル過ぎる現実 (1/4ページ)

2016.1.15 13:00

映画「ディーパンの闘い」(ジャック・オディアール監督)。2月12日公開(ロングライド提供)。(C)2015_WHY_NOT_PRODUCTIONS-PAGE114-FRANCE_2_CINEMA

映画「ディーパンの闘い」(ジャック・オディアール監督)。2月12日公開(ロングライド提供)。(C)2015_WHY_NOT_PRODUCTIONS-PAGE114-FRANCE_2_CINEMA【拡大】

  • ヤン・ヨンヒ(梁英姫)監督(ワハハ本舗提供)

 どの映画をみようかと、選ぶ基準はいろいろある。監督、俳優、原作、ロケ地、受賞歴など、その時々の好奇心や気分によって作品を決めて劇場に向かう。私にとってジャック・オディアール監督(63)は、万難を排して劇場に向かわせる強烈な存在。静かで力強くて残酷で、だから繊細で優しく描かれる「独特で容赦ない世界」に遭遇したくて劇場に向かうのだ。

 強烈な体験に呆然

 「ディーパンの闘い」という邦題を見てニヤッと笑ってしまった。一貫して生きるために闘う人間像を描き、「生きるとは闘いなのだ」と見せてきたオディアール監督作品に「闘い」という言葉がついた。どれほどすさまじく闘う生きざまなのだろうと期待を膨らませた私は、クライマックスでは息が止まるほどスクリーンに引き寄せられた。映画を見ているということを忘れさせる強烈な映画体験に心が震えしばらく呆然(ぼうぜん)としていた。

外では「家族」を装い、家では「他人」として衝突する3人

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ