サイトマップ RSS

【RE-DESIGN ニッポン】枡作りの技術 新たな可能性切り開く (1/3ページ)

2016.1.15 14:00

出荷を待つ枡=岐阜県大垣市(北林功さん撮影)

出荷を待つ枡=岐阜県大垣市(北林功さん撮影)【拡大】

  • 枡の生産の様子。一つ一つ手作業で組み上げられていく=岐阜県大垣市(北林功さん撮影)
  • フランス人デザイナーとの打ち合わせ。大橋さんも熱がこもる=岐阜県大垣市(北林功さん撮影)
  • 大橋量器の工房。清らかな木の香りが漂う=岐阜県大垣市(北林功さん撮影)

 岐阜県大垣市は、日本の枡(ます)の一大産地で、生産量の約8割を占める。古くは計量の道具として、生活に欠かせないものだった。だが、最近はめっきり見かけなくなり、最盛期は市内に11社あった枡メーカーも、今では約半数の5社になってしまった。「RE-DESIGN ニッポン」の第21回は、枡の技術を用いた製品開発やグローバル展開に取り組んでいる枡メーカー「大橋量器(りょうき)」の取り組みを紹介する。

 生活に欠かせぬ器

 大垣に枡作りが根付いたのは、材料となる木曽ヒノキの産地が近いことが挙げられる。かつて、木曽ヒノキの集積地は名古屋だった。明治中ごろ、大垣に戻った職人が、学んだ技術を広めたことで、大垣で枡作りが盛んになった。枡は、計量の道具として、また、祝い酒などを飲むための酒器として用いられた。さらに、節分の豆まきの器としても使われるなど、日常生活には欠かせない「器」だった。

 大垣の枡メーカー5社の一つ、大橋量器の工房にお邪魔したのは、まさに年末年始に向けて、急ピッチで生産に追われているころだ。だが、ほかの伝統工芸品などと同様に、時代の移り変わりの中で、枡の需要は減少しているという。

世界の「MASU」へ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ