サイトマップ RSS

進化する豆腐 ソーセージやハムに ドイツ・フライブルク (1/3ページ)

2016.1.17 11:00

有機栽培の大豆でつくられる豆腐。これが豆腐ソーセージなどの基礎となる=ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク(タイフン提供)

有機栽培の大豆でつくられる豆腐。これが豆腐ソーセージなどの基礎となる=ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク(タイフン提供)【拡大】

  • 製造途中の豆腐ソーセージ。見た目はほとんど肉のソーセージとかわらない=ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク(タイフン提供)
  • ハムを模した豆腐製品。従業員が品質を確かめながら、パックに詰める=2016年1月11日、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク(宮下日出男撮影)
  • タイフンの敷地内にある鳥居と大豆をかたどった置物。大豆の収穫の際にはここでちょっとした収穫祭も行われる=2016年1月11日、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク(宮下日出男撮影)
  • タイフンで製造された豆腐のソーセージ、ハム、ハンバーグなどの製品=2016年1月12日、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク(宮下日出男撮影)
  • ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州フライブルク

 【Viva!ヨーロッパ】

 豆腐の人気がドイツで上昇中だ。健康や環境に対する意識の高まりが背景にあるためだが、豆腐をそのまま食べるだけではなく、ドイツ人の好みに合うようにソーセージやハムなどさまざまな製品に加工されている。日本をはじめ、アジアの伝統食材が欧州でさらに進化を遂げている形だ。

 30種類の商品

 「黒い森」と呼ばれる森林地帯の周辺にあり、仏国境に近い独南西部フライブルク。郊外の一角にある会社を訪ねると、工場内では従業員らが次々と機械から出てくるソーセージをさばいていた。幾重にもつるされ、光沢を放つ姿はソーセージ好きにはたまらない。「でも、中身は肉でなくて豆腐よ」。広報担当者、リナ・クイパースさんが笑顔で語った。

 国内最大規模を誇る豆腐製品製造会社「タイフン」。1987年に設立され、当初は新鮮な豆腐を地元の市場で売るだけだったが、今では国内の自然食品店だけでなく、フランスなど欧州14カ国に商品を納入する。使用する大豆のほぼ100%が契約農家で有機栽培されたもの。「オーガニックの豆腐生産では欧州一の規模」ともクイパースさんは胸を張った。

食肉代替品で注目

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ