サイトマップ RSS

雪辱の快走 鈴木亜由子、1分37秒差を逆転 都道府県対抗女子駅伝 愛知初V (1/3ページ)

2016.1.18 05:00

最終9区で京都の奥野有紀子(右)を抜く愛知の鈴木亜由子(中央)。左は兵庫の竹地志帆=2016年1月17日、京都市(代表撮影)

最終9区で京都の奥野有紀子(右)を抜く愛知の鈴木亜由子(中央)。左は兵庫の竹地志帆=2016年1月17日、京都市(代表撮影)【拡大】

 中学生から社会人までがたすきをつなぐ第34回全国都道府県対抗女子駅伝が17日、京都市西京極陸上競技場発着の9区間、42.195キロで行われ、最終9区で逆転した愛知が2時間16分2秒で初優勝を果たした。

 1区で20位と出遅れた愛知は、5区の小倉久美(トーエネック)、7区の向井智香(ちか、至学館高)がともに区間2位のタイムで順位を上げた。8区の細井衿菜(えりな、矢作中)が総合4位でつなぎ、アンカーの鈴木亜由子(日本郵政グループ)が首位との1分37秒差をひっくり返した。

 2位は20秒差で兵庫が続き、3位は群馬。9区で失速した京都が4位、2連覇を狙った大阪は12位だった。

 「同じ展開」発奮材料に

 たすきを受けたときには1位の京都と1分37秒差、約500メートルのリードを許していた。大逆転劇の立役者、愛知の鈴木亜は「正直、1位になる自信はなかった」と目を白黒させた。

 ダイナミックな走りで猛追し「先頭車が見えて元気が出た」と残り1.7キロ付近でとらえる。迷うことなく置き去りにし、競技場へ突き進んだ。

リオ五輪シーズンへ弾み

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ