サイトマップ RSS

【iPhoneでアートする】(9)スナップ写真を極める (1/3ページ)

2016.1.18 17:00

「日傘で遊ぶ」子供の目線に合わせてしゃがみながら一緒に動いて撮影するだけで、生き生きとした表情を狙えます=2015年8月25日(野口隆史さん撮影)

「日傘で遊ぶ」子供の目線に合わせてしゃがみながら一緒に動いて撮影するだけで、生き生きとした表情を狙えます=2015年8月25日(野口隆史さん撮影)【拡大】

  • 「アイドル?」カラーボールのプールに寝かせて真上から撮影するとグラビアアイドル風になります=2015年4月11日(野口隆史さん撮影)
  • 「新聞紙ばさばさ」シャッターボタン長押しの連射機能を活用して早い動きに対応しよう=2014年9月10日(野口隆史さん撮影)
  • 「ご満悦」ローアングルで一緒に歩きながら動きと表情を狙おう=2015年12月31日(野口隆史さん撮影)
  • 「お手て」行動を予測しながら先回りして狙ってみよう=2015年10月6日(野口隆史さん撮影)
  • 「じゃんけんぽん」影を使って一工夫してみよう=2015年1月26日(野口隆史さん撮影)
  • 「興味津々」子供の目線より低くして雰囲気を醸し出してみよう=2015年12月1日(野口隆史さん撮影)
  • 「幸せになろうね」iPhoneを自分の影で消すことでより自然体な写真になる=2015年11月23日(野口隆史さん撮影)

 子供が生まれて、高額な一眼レフカメラを買って、「さあ、成長記録を撮り続けるぞ」と張り切った経験はありませんか?

 今の20代の若い世代にはないかもしれませんが、1970年代後半よりも前に生まれた親御さんの世代にとってはごく普通のことで、一眼レフカメラ以外にも、動画撮影のためにビデオも購入するというのが、割と一般的なことでした。

 ところがiPhoneの登場で、そのような状況は激変。手のひらに収まるサイズでカメラも、ビデオも付いており、気軽にさくさくと気に入った光景を高画質で撮れるようになったからです。

 重い一眼レフを下げる必要はもうなく、念のためにとビデオ機材を持って歩かなくてもいいのです。

 ポケットからひょいとiPhoneを取り出して、家族の一表情をカメラでパシャリとするのみ。

 こういうのを「スナップ撮影」と呼び、iPhoneはまさにスナップ撮影におあつらえ向きなのです。

 iPhoneはカメラとしては便利ですが、万能ではありません。運動会やお遊戯など苦手なものはあります。でもそれは不慣れな一眼レフを扱って撮影に失敗するよりはマシな欠点だと思えばいいのです。

根気よく待ち構えること

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ