サイトマップ RSS

【アメリカを読む】「オバマケア」 不人気の理由 (1/4ページ)

2016.1.19 09:00

賛成多数で可決した医療保険制度改革(オバマケア)廃止法案に得意満面で署名するポール・ライアン下院議長(共和党)。だが、バラク・オバマ大統領は拒否権発動で廃止法成立を阻んだ=2016年1月7日、米国・首都ワシントン(ロイター)

賛成多数で可決した医療保険制度改革(オバマケア)廃止法案に得意満面で署名するポール・ライアン下院議長(共和党)。だが、バラク・オバマ大統領は拒否権発動で廃止法成立を阻んだ=2016年1月7日、米国・首都ワシントン(ロイター)【拡大】

 米下院は6日、バラク・オバマ大統領(54)の看板政策である医療保険制度改革(オバマケア)を廃止する法案を240対181の賛成多数で可決した。廃止法案は上院でも昨年12月に可決済みで、2010年のオバマケア関連法成立後初めて、共和党が公約としてきた廃止法案が上下両院を通過したかたちだ。オバマ氏は8日に拒否権を発動して廃止法成立の芽を摘んだが、米国民の間でのオバマケアへの不人気が改めて示されたといえる。11月の大統領選に向けて共和党の候補者はこぞってオバマケア廃止を訴えており、選挙後にはオバマ氏の最大の政治的遺産(レガシー)が危機にさらされる可能性が現実味を増している。

 「時代に逆行」と拒否権

 「民主党がオバマケア廃止を阻止する5年間にわたる日々が終わった。われれは廃止の約束を守っていく」。ポール・ライアン下院議長(45)=共和党=は6日の法案可決後、オバマケア廃止に向けた戦いを続けていく意欲を示した。

オバマケアの理念 無保険者を減らす

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ