サイトマップ RSS

【鎌倉海びより】明るいニュースで商売繁盛 (1/2ページ)

2016.1.19 10:00

福娘から参拝客へ手渡される福笹(ふくざさ)=2016年1月10日、神奈川県鎌倉市

福娘から参拝客へ手渡される福笹(ふくざさ)=2016年1月10日、神奈川県鎌倉市【拡大】

 成人の日が過ぎたとたん、鎌倉にも本格的な冬が襲ってきた。寒いね。暖冬模様だった分、ことさら寒さが身にしみる。

 ただし、今年は正月三が日に続き、週末に成人の日の月曜日(11日)を加えた3連休も好天に恵まれた。むしろ、この幸運に感謝しよう。とりわけ連休中日の10日の日曜日は暖かく、すっかり春気分。

 鎌倉駅に近い本覚寺の境内は「本えびす」の参拝客でにぎわった。「商売繁盛、家内安全、お祈り申し上げます」の掛け声に太鼓の音がドドンとかぶさり、福娘から参拝客へと福笹(ふくざさ)が手渡される=写真。

 本覚寺は1436(永享8)年創建の日蓮宗のお寺だが、境内には鎌倉江ノ島七福神の「えびす様」を祀(まつ)る夷堂がある。もともとは源頼朝が鎌倉幕府を開いた当時、幕府の裏鬼門を守るため、えびす様がこの地に祀られたのだという。

 境内はいまも、正月三が日は初えびす、そして1月10日は本えびすの参拝客でにぎわう。えびす様というと、七福神の中では釣り竿(ざお)と鯛を手にしたお姿で登場し、とりわけ海との関係が深そうだ。

本えびすの魅力

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ