サイトマップ RSS

破壊された2つの親子関係 映画「最愛の子」

2016.1.22 11:30

映画「最愛の子」(ピーター・チャン監督)。公開中(ビターズ・エンド提供)。(C)2014_We_Pictures_Ltd.

映画「最愛の子」(ピーター・チャン監督)。公開中(ビターズ・エンド提供)。(C)2014_We_Pictures_Ltd.【拡大】

 子供の誘拐が多発する中国で実際に起こった事件を題材に描いた哀切な物語。

 ティエン(ホアン・ボー)の3歳の息子、ポンポンが誘拐される。彼は別居中の妻、ジュアン(ハオ・レイ)と息子を捜すが、寄せられる情報は詐欺目的かいたずらばかり。3年後、ティエンはついに地方の農村でポンポンを発見。親の顔を忘れておびえる息子を抱き上げ、追いすがる養母のホンチン(ビッキー・チャオ)を振り払って必死に走り出す-。

 ピーター・チャン監督(53)が描き出すのは誘拐で破壊された2つの親子関係だ。チャオは子供への愛情をとめられないホンチンの苦悩を全編ノーメークで熱演しており、圧倒される。号泣必至。公開中。(岡本耕治/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ