サイトマップ RSS

【ジャンプ】高梨沙羅、5連勝も「課題残る」

2016.1.24 05:30

今季6勝目を挙げ、表彰式で観客の声援に応える高梨沙羅(さら)=2016年1月23日、山形県山形市のクラレ蔵王シャンツェ(共同)

今季6勝目を挙げ、表彰式で観客の声援に応える高梨沙羅(さら)=2016年1月23日、山形県山形市のクラレ蔵王シャンツェ(共同)【拡大】

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会最終日は23日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(HS106メートル、K点95メートル)で個人第7戦が行われ、高梨沙羅(さら、クラレ)が合計241.3点で制して5連勝とし、今季6勝目、通算36勝目を挙げた。

 1回目に94.5メートルで首位に立ったが、2位との差は飛距離換算で1メートルにも満たない1.2点。重圧がかかる接戦で高梨がまたも強さを見せつけた。2回目に100メートルに達し、指定席となっている表彰台の中央に立った。ただ高い理想を追うジャンパーは納得しない。飛躍の内容に不満そうで「課題の残る試合となった」と表情を曇らせた。

 22日の吹雪から一転、この日は穏やかな条件でテンポ良く試合が進んだ。何度も中断を挟んだ第6戦との落差からか「準備が遅れてしまった」と言う。2回とも踏み切るタイミングが遅れ「(第6戦と比べ)いきなり何でこんなジャンプになってしまったんだろう」と首をかしげた。優勝したとは思えない浮かない顔だった。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ