サイトマップ RSS

【世界自転車レース紀行】(35)イタリア 満開リンゴの花 山岳コース染める (1/3ページ)

2016.1.25 14:00

満開のリンゴ畑のなかを選手たちが駆け抜けていく。標高500メートルから1000メートルのこのエリアはリンゴ栽培に適しているという=イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州(田中苑子さん撮影)

満開のリンゴ畑のなかを選手たちが駆け抜けていく。標高500メートルから1000メートルのこのエリアはリンゴ栽培に適しているという=イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州(田中苑子さん撮影)【拡大】

  • 雪をかぶった山々を背景に、選手たちがゴールを目指す。辺りは一面、リンゴ畑が広がる=イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州(田中苑子さん撮影)
  • 選手の子供が会場にやって来た。スタートサインを待つ少しのあいだ、選手は父親の顔になる=イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州(田中苑子さん撮影)
  • 昨年の大会で総合優勝したリッチー・ポート(オーストラリア、チームスカイ)。第2ステージでは区間優勝を果たした=2015年、イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州(田中苑子さん撮影)
  • 地元選手とその応援団。家族や親戚、友だちが総出で選手のもとを訪問。選手にとっても地元でのレースは特別なもの=イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州(田中苑子さん撮影)
  • ゴール地点で警備に当たる地元の山岳警備隊。葉巻を吹かせて、選手たちの到着を待つ=イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州(田中苑子さん撮影)
  • イタリア・トレンティーノ=アルト・アディジェ州
  • フリーランスカメラマン、田中苑子(そのこ)さん。1981年、千葉県生まれ。2005年に看護師から自転車専門誌の編集部に転職。08年からフリーランスカメラマンに転向し、現在はアジアの草レースからツール・ド・フランスまで、世界各国の色鮮やかな自転車レースを追っかけ中=2011年1月30日(本人提供)

 イタリアで毎年、4月中~下旬に開催される自転車ロードレース「ジロ・デル・トレンティーノ」。近年は4日間のステージレースとして定着しているが、厳しい山岳ステージが組み込まれるため、5月に開催されるイタリア最高峰のグランツール、「ジロ・デ・イタリア」の前哨戦として、根強い人気を誇り、世界のトップ選手が集結する。

 レースが開催されるのは、イタリア北部、オーストリア国境に近いトレンティーノ=アルト・アディジェ州。そして現在の大会メーンスポンサーは「メリンダ」という地元の一大リンゴメーカーが務める。トレンティーノはイタリアが誇るリンゴの産地であり、メリンダは、その地域にある4000軒以上のリンゴ農家と契約しており、そこで収穫される年間30万トンに及ぶリンゴは、イタリアをはじめ世界各国に流通している。そして、ちょうどレースが開催される4月は、リンゴの花が満開になる。選手たちは春の気持ちのいい気候のなか、甘い香りと淡いピンク色に包まれた山岳部を駆け抜けていくのだ。

小さな町の素朴な応援 100年変わらず

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ