サイトマップ RSS

こだわり凝縮 お茶づくし存分に 福寿園「宇治茶工房」 (1/4ページ)

2016.1.25 13:30

4種類の宇治茶の味わいが楽しめる「菟道(うじ)御膳」=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)

4種類の宇治茶の味わいが楽しめる「菟道(うじ)御膳」=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)【拡大】

  • かぶせ茶でさっぱり楽しむ「茶漬け御膳」。7種の香の物の歯ごたえもアクセント。お好みで抹茶塩も=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)
  • さまざまな味わいのお茶スイーツが盛り込まれた「抹茶アイスパフェ」=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)
  • 石臼での抹茶づくり体験。持ち手をしっかり握り約20分かけてゆっくりとひく。石臼の重さは約20キロあるという=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)
  • 「この工房は、ゆっくり宇治茶にひたりたいお客様をイメージしてプロデュースしています。大人のリピーターが多いのが特徴です」と話す福寿園宇治工房事業本部の森口正人本部長=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)
  • 抹茶、煎茶、ほうじ茶を練り込んだ3種の味を食べ比べできる「茶の香もち」=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)
  • 一碗に抹茶の魅力を凝縮した「抹茶ぜんざい」=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)
  • 窓越しに宇治川の悠久の流れや対岸の平等院を望む店内=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)
  • 宇治川右岸に建つ福寿園「宇治茶工房」。1階にショップ、2階に茶寮と体験工房がある=2015年12月18日、京都府宇治市(志儀駒貴撮影)

 【京都うまいものめぐり】

 悠久の歴史を秘めて滔々(とうとう)と流れる宇治川。その右岸、京阪・宇治駅から朝霧通りを上流に向かうと、宇治の産土(うぶずな)神である「宇治神社」、世界遺産「宇治上神社」、遠州七窯の朝日焼窯元といった観光スポットに行き合う。福寿園「宇治茶工房」は朝日焼窯元に隣接し製茶、喫茶、茶の料理、茶器など茶の文化を多角的に体験できる工房として平成19(2007)年にオープン。2階の「福寿茶寮」ではさまざまな茶の味わいが、舌と心を満たしてくれる。

 寛政2(1790)年、山城国上狛(現京都府木津川市山城町)の地に創業した「福寿園」。200余年に及ぶ伝統に加え、ペットボトル緑茶のコラボレーションブランド「伊右衛門」シリーズへの取り組みなど、進取の社風でも知られる。

 そんな福寿園が、製茶体験も含め、お茶の魅力を百パーセント知ってほしいと宇治川畔に開いた「福寿園宇治茶工房」。提供される料理にも、“茶のすべて”へのこだわりがのぞく。

口に広がるうま味と甘味

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ