サイトマップ RSS

【フィンランド紀行】(下) 冬のラップランドでわくわく体験 (1/3ページ)

2016.1.26 11:00

北欧ラップランドの旅は真冬がお薦め。穏やかで壮大な自然が旅人たちを出迎えてくれる=2015年11月18日、フィンランド(倉谷清文さん撮影)

北欧ラップランドの旅は真冬がお薦め。穏やかで壮大な自然が旅人たちを出迎えてくれる=2015年11月18日、フィンランド(倉谷清文さん撮影)【拡大】

  • 地元の人々の楽しみは凍った湖での魚釣りだ。ドリルで氷に穴をあけ、獲物がかかるのを辛抱強く待ち続ける=2015年11月18日、フィンランド・クーサモ(倉谷清文さん撮影)
  • 日本の“かんじき”のようなスノーシューズを履いて、雪深い森の中へ。午後3時を過ぎると、早くも日没が迫ってくる=2015年11月18日、フィンランド・クーサモ(倉谷清文さん撮影)
  • トナカイ牧場で人懐こいトナカイたちと戯れたひとときも、旅のいい思い出に=2015年11月18日、フィンランド・クーサマ(倉谷清文さん撮影)
  • 汗が噴き出した身体を、白樺の小枝でバサバサ叩く。血行がよくなり、肌にもいいそうだ=2015年11月19日、フィンランド・クーサモ(倉谷清文さん撮影)
  • プロのガイドとともに歩く“ウォーキングツアー”では、大自然の中で熱々のサーモンスープが食べられる=2015年11月8日、フィンランド・クーサモ(倉谷清文さん撮影)
  • プロの陶芸家であり料理家でもあるジャーモ・ピッカネンさんのレストラン「TUNDRA」を訪ねた=2015年11月20日、フィンランド・クーサモ(倉谷清文さん撮影)
  • フィンランド・クーサモ

 ヘルシンキから小型機で1時間、私たちはフィンランド北部のクーサモという小さな街に降り立った。空港からは大型の四輪駆動車で、ウインターリゾートの地、ルカへ。運転手がときどきブレーキを踏むので、何だろうと思って窓を開けると、放牧されたトナカイの群れが目の前をのんびり横切っていく。のどかな光景だ。

 フィンランドは国土が日本の9割程度で、人口は東京のほぼ半分。シラカバや松、トウヒなどの森林が国土の約6割を占め、1割が湖という自然豊かな国だ。なかでも北極圏に位置するここラップランド(スカンジナビア半島北部の地域で、大部分が北極圏内)は、いまの季節がもっとも美しい。周囲をとりまく針葉樹や家々の屋根に純白の雪が積もり、空気がしんと澄みわたる。ユニークなアクティビティーが楽しめるのも、この季節ならではだ。

 滞在初日は、ウオーキングツアーに参加した。日本でいう“かんじき”のようなスノーシューズを履いて、プロのガイドとともに雪深い森の中へ分け入っていく。太陽がかろうじて頭上に居座ってくれる3時間ほどを利用した、わくわくするような冒険だ。そして翌日は、全身をゴム製の防水スーツで包み隠して極寒の川にぽかぽか浮かぶ「フローティング・リバー」を体験。自然の中で川の流れに身を委ねていると、人生観が変わってしまう。

生活に溶け込むサウナ 健康の源

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ