サイトマップ RSS

【佐藤優の地球を斬る】韓国紙、核武装論で自国を窮地に (1/4ページ)

2016.1.30 09:00

北朝鮮の核実験に対する韓国の抗議デモ。こうした国民感情に乗ってか、核武装論が韓国有力紙の社説に登場している=2016年1月12日、韓国・首都ソウル(AP)

北朝鮮の核実験に対する韓国の抗議デモ。こうした国民感情に乗ってか、核武装論が韓国有力紙の社説に登場している=2016年1月12日、韓国・首都ソウル(AP)【拡大】

  • 作家、元外務省主任分析官の佐藤優(まさる)さん=2014年3月20日、東京都新宿区(大里直也撮影)

 韓国の世論に危険な変化が生じている。28日、韓国の有力紙「朝鮮日報」が「米中に頼れない韓国、今こそ独自の核武装を」と題する社説を掲げた。

 情緒的で危険な主張

 <北朝鮮の核問題解決の責任を中国に押し付けてきた米国や、北朝鮮による相次ぐ核実験を黙認してきた中国を信じるべき時はもう終わった。今や韓国は自衛策として最低限の核兵器を保有するため、国民的な議論を行わざるを得ない状況に直面している。それによって国民が核兵器保有を進めることで一致すれば、韓国政府はすでに紙くずとなった1991年の韓半島(朝鮮半島)非核化共同宣言をまずは破棄しなければならない。さらにウラン濃縮や核燃料の再処理など、最低限の核主権確保に向け米国との交渉もあらためて推進しなければならない。

 一方で核武装を無理に進めた場合、韓米同盟にヒビが入るのはもちろん、国際社会からの制裁も避けられないだろう。これは貿易で国の経済を維持する韓国にとっては大きな試練になるはずだ。またたとえ独自の技術を確保したとしても、強大国による厳しい監視をくぐり抜けて原料を確保し、核兵器を作れるのかという懐疑論もある。

朝鮮半島非核化共同宣言を韓国が破棄すれば…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ