サイトマップ RSS

露破った「三笠」建造の誇り 今も 英国・バロー・イン・ファーネス (1/4ページ)

2016.1.31 10:00

地元の人が「マイカサ・ストリート」と呼ぶ「ミカサ・ストリート」=2016年1月21日、英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(岡部伸撮影)

地元の人が「マイカサ・ストリート」と呼ぶ「ミカサ・ストリート」=2016年1月21日、英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(岡部伸撮影)【拡大】

  • 地元市民の熱狂的な歓迎の中で進水した「三笠」=英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(カンブリア公文書館所蔵)
  • 東郷平八郎元帥贈呈の記念品「日本の大皿」を披露するバロー・イン・ファーネス市のアン・トンプソン市長=2016年1月21日、英カンブリア州(岡部伸撮影)
  • 造船業の歴史を展示する古いドックの跡に建てた「ドックミュージアム」=2016年1月21日、英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(岡部伸撮影)
  • 「金剛」の模型を前に「ヴィッカーズは日露戦争の勝利を誇りに感じて日本に最新の造船技術を供与した」と語る学芸員のグラハム・カービンさん=2016年1月21日、英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(岡部伸撮影)
  • 英カンブリア州バロー・イン・ファーネス

 【Viva!ヨーロッパ】

 「敵艦見ユ。本日天気晴朗ナレドモ波高シ」-。1905(明治38)年5月27日、東郷平八郎司令長官率いる連合艦隊の旗艦「三笠」は大本営に、こう打電し、対馬沖でロシアのバルチック艦隊を迎え撃ち、勝利に導いた。ロシアの脅威から国を守ったシンボルとして今も親しまれる「誉れの名艦」のルーツを求めて、英イングランド北部カンブリア州バロー・イン・ファーネスを訪ねた。

 通り名称116年不変

 ロンドンから電車に乗って、繊維産業で栄えたランカスターを経由して4時間半。バロー・イン・ファーネスは、アイルランド海に面した港湾と造船業の町である。近くには「ピーター・ラビット」の作者であるヘレン・ベアトリック・ポターが半生を送り、創作活動を送った湖水地方のニア・ソーリーがある。沖合に浮かぶ島は自動車レースで有名なマン島だ。

 バローは、造船会社「ヴィッカーズ」の企業城下町として発展し、現在も「ヴィッカーズ」を引き継いだ防衛航空宇宙企業「BAEシステムズ」造船所が原子力潜水艦を建造している。

「マイカサは私たちの自慢。あのロシアを負かしたからだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ