サイトマップ RSS

丁寧に変わらぬ味守る 手作り洋菓子 村上開新堂 (1/4ページ)

2016.1.31 13:00

池波正太郎が好んだ「好事福盧」は和歌山の有田みかんを使用したゼリーで、11~3月の期間限定=2016年1月6日、京都市中京区(志儀駒貴撮影)

池波正太郎が好んだ「好事福盧」は和歌山の有田みかんを使用したゼリーで、11~3月の期間限定=2016年1月6日、京都市中京区(志儀駒貴撮影)【拡大】

  • 昔から愛され続けている「ロシアケーキ」は、さっくりした食感のソフトタイプのクッキー=2016年1月6日、京都市中京区(志儀駒貴撮影)
  • 缶に隙間なく詰められたクッキー。11種類の味が楽しめる。何ヶ月も待ってようやく手にした喜びはひとしおだ=2016年1月6日、京都市中京区(志儀駒貴撮影)
  • カリッふわの食感とほろ苦いキャラメルのコンビネーションの「ダックワーズ」(左)と、風味豊かでしっとりした「マドレーヌ」も新商品=2016年1月6日、京都市中京区(志儀駒貴撮影)
  • 新商品の「寺町バニラプリン」は、滑らかな食感で甘すぎない上品な味。巾着に入っていておもたせにも最適=2016年1月6日、京都市中京区(志儀駒貴撮影)
  • 「昔ながらの店構えと味。両方そろって『村上開新堂』のお菓子といえる」と語る4代目の村上彰一さん=2016年1月6日、京都市中京区(志儀駒貴撮影)
  • タイルの床や、大理石を使ったショーケース、木の調度品などは当時のまま。郷愁を誘う空間だ=2016年1月6日、京都市中京区(志儀駒貴撮影)
  • 昭和初期に建てられた「村上開新堂」。「これぞ、日本のよき時代の具現」(「むかしの味」より、提供写真)

 【京都うまいものめぐり】

 手土産に持っていくと「まぁ! 村上開新堂さんのお菓子を」と喜ばれる。1907(明治40)年創業の「村上開新堂」は京都最古といわれる洋菓子専門店で、作家・池波正太郎の著書「むかしの味」(新潮文庫)にも登場する名店。一つ一つ丁寧に手作りされる焼き菓子やゼリーは、昔と変わらぬ味で京都人に愛され続けている。昨今、プリンなどの新商品も発売し、新たな魅力も発信している。

 池波正太郎が愛したゼリー

 古書店や骨董(こっとう)品店などが並ぶ京都・寺町通りにある「村上開新堂」は、タイル貼りの外壁やカーブのかかったショーウインドー、高い天井や大理石の柱など、至る所、歴史を感じさせるたたずまいだ。

 池波正太郎が愛した「好事福盧(こうずぶくろ)」(470円)は、和歌山・有田のみかんをふんだんに使った11~3月中旬の季節限定のゼリー。「酔いにかわいた口中へすべりこむときの旨さは、たとえようもなかった」(「むかしの味」から)とあるように、果実の甘さをそのままにあっさりとした味わいに仕上げているという。

芸術品のようなクッキー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ