サイトマップ RSS

「一つの台湾」 新党「時代力量」が躍進 (1/4ページ)

2016.2.2 09:30

1月13日、台北市の「環南市場」で選挙活動を行う「時代力量」候補の林昶佐氏=2016年、台湾(西見由章撮影)

1月13日、台北市の「環南市場」で選挙活動を行う「時代力量」候補の林昶佐氏=2016年、台湾(西見由章撮影)【拡大】

  • メタルバンド「ソニック」のボーカル、「フレディ・リム」こと林昶佐氏=2015年12月30日、台湾・台北市(ロイター)

 【国際情勢分析】

 台湾の総統選に当選した野党、民主進歩党の蔡英文主席(59)の今後の対中政策が焦点となる中、総統選と同時に行われた立法委員(国会議員に相当)選で第三党に躍進した新党「時代力量」の動向に注目が集まっている。選挙戦で協力した民進党の蔡氏は「両岸(中台)関係の現状維持」を主張し、中国側が求める「一つの中国」原則への態度を曖昧にしてきたが、時代力量は「一つの中国、一つの台湾」の立場を鮮明にしており、蔡氏の政権運営に影響を与える可能性があるためだ。

 立法委員選で第三勢力に

 時代力量は2014年3月、中国とのサービス貿易協定に反発した学生らが立法院(国会に相当)を占拠した「ヒマワリ学生運動」の関係者が中心となり結党した。台湾における多様な市民運動のリーダーが参加し、格差是正や政策決定の透明化を掲げるなどリベラル色も強いが、両岸関係における“独立志向”は民進党と比べても濃厚だ。

蔡次期政権を悩ますか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ