サイトマップ RSS

【鎌倉海びより】4年半後、ここも五輪の会場に (1/2ページ)

2016.2.2 10:00

寒風吹きすさぶ由比ガ浜の海岸=2016年1月24日、神奈川県鎌倉市

寒風吹きすさぶ由比ガ浜の海岸=2016年1月24日、神奈川県鎌倉市【拡大】

 北鎌倉の円覚寺仏日庵で1月16日午後、第1回江ノリンピックミーティングという会合が開かれた。2020年東京五輪のセーリング競技会場が江の島に決まったけれど、じゃあ実際に五輪が来てよかったといえるようになるにはどうすればいいのか。それをあれこれと話し合う会議だという。興味本位で恐縮ですが、面白そうなので会場を覗(のぞ)いてみました。

 主催者の江ノリンピックミーティング盛り上げ隊は地元の人たちや湘南の海でマリンスポーツを楽しむ人たちが自発的に作ったグループだという。

 恥ずかしながら、江の島開催と聞いて、私のような不心得者は「あ、お隣でやるのね」程度の他人事(ひとごと)感覚でいた。

 だが、実際には江の島を出発したヨットが金メダルを目指し、熾烈(しれつ)な闘いを繰り広げるのは、鎌倉、逗子、葉山沖にまたがる広い海域なのだという。「いやあ、知らなんだ。そうだったのか」ということで後日になるが、寒風吹きすさぶ由比ガ浜の海岸に出てみた。寒波襲来の時期だったのでさすがに人は少ない=写真

4年半後の夏… 五輪開催はちょうど海水浴のピークの時期

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ