サイトマップ RSS

リオ五輪まで半年 世界を引きつける美しさと危うさ (1/3ページ)

2016.2.5 16:00

リオデジャネイロ市内の山の斜面に広がる「ファベーラ」(貧民街)。麻薬密売組織の抗争が繰り広げられ、犯罪多発の温床となっている=2015年12月20日、ブラジル(佐々木正明撮影)

リオデジャネイロ市内の山の斜面に広がる「ファベーラ」(貧民街)。麻薬密売組織の抗争が繰り広げられ、犯罪多発の温床となっている=2015年12月20日、ブラジル(佐々木正明撮影)【拡大】

  • (横長にして、もっと下を切ってもOKです)コパカバーナビーチ(右の海岸)とイパネマのビーチ(左の海岸)は、誰もが憧れるリオデジャネイロきっての観光名所。早朝から常夏の陽気にあふれる=2015年10月9日、ブラジル・リオデジャネイロ(AP)
  • 世界中から観光客が集まるコパカバーナビーチ。五輪ではビーチバレー競技が行われる=2015年12月20日、ブラジル・リオデジャネイロ(佐々木正明撮影)
  • リオデジャネイロの観光名所、イパネマビーチ。ボサノバの名曲「イパネマの娘」の発祥の地として知られる=2015年12月22日、ブラジル(佐々木正明撮影)
  • 新年を迎えた1月1日の深夜、コパカバーナビーチで行われた花火大会=2016年、ブラジル・リオデジャネイロ(佐々木正明撮影)
  • コパカバーナの砂浜を臨む超高級ホテル「コパカバーナ・パレス」。2月のカーニバルの練習が行われ、サンバのリズムが鳴り響いていた=2015年12月20日、ブラジル・リオデジャネイロ(佐々木正明撮影)

 南米初の五輪が行われるブラジル・リオデジャネイロは、陰と陽、美しさと危うさ、そして、大自然が織りなす風景と都市の喧噪(けんそう)という相反するものがすぐ隣り合わせにあり、独特の街の輪郭をなしている。

 それはこの街の魅力であり、ユネスコの世界遺産都市に選ばれた理由でもある。対極にある2つの世界に触れることができるからこそ、訪れる人はリオの虜(とりこ)になる。

 観光名所であるコパカバーナやイパネマのビーチには、早朝から常夏の陽気にあふれ、一方で、夕暮れ時になると、水着姿の人たちが次第に途絶え、ブラジル人の心情を言い表す「サウタージ」(ポルトガル語で郷愁)の寂しさが漂う。

 リオ生まれの詩人であるセシリア・メイレーリスはサウタージについて「孤独と悲しみの感情を持っているが、記憶の光に照らされて幸福の輪郭と表情を得る」と表現した。

開発の影も笑顔で包む街

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ