サイトマップ RSS

道下美里、視覚障害女子制す「失速は残念」 別府大分マラソン (1/2ページ)

2016.2.8 06:20

3時間3分42秒で視覚障害女子優勝の道下美里(左)=2016年2月7日、大分県大分市の大分市営陸上競技場(共同)

3時間3分42秒で視覚障害女子優勝の道下美里(左)=2016年2月7日、大分県大分市の大分市営陸上競技場(共同)【拡大】

 別府大分毎日マラソンは7日、大分市高崎山うみたまご前から大分市営陸上競技場までの42.195キロで行われ、男子は一般参加で初マラソンのエチオピア人、メラク・アベラ(黒崎播磨)が2時間9分27秒で初優勝し、石田和也(西鉄)が2時間12分25秒で日本人首位の4位に入った。女子は吉冨博子(ファーストドリームAC佐賀)が2時間45分7秒で初制覇。

 リオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害代表最終選考会も兼ね、女子は日本盲人マラソン協会(JBMA)の代表選考規定を満たして推薦順位1位となっている道下美里(大濠公園ブラインドランナーズク)が3時間3分42秒で勝った。男子は岡村正広(RUNWEB)が2時間27分24秒で制し、推薦2位に決まった。

 視覚障害女子が正式種目入りしたリオデジャネイロ・パラリンピックでのメダル獲得を目指す道下は30キロすぎから急激にペースが落ち、3時間を切る好タイムを出せなかった。新たな走法で挑んだが「思うようなレース展開ができず、残念です」と優勝の喜びよりも悔しさの方が大きかった。

「身に付けたストライドを生かせるようなトレーニングをしていきたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ