サイトマップ RSS

【勝つための食育 管理栄養士・大前恵】ずばぬけた上原浩治投手の「続ける力」 (1/4ページ)

2016.2.8 11:00

オフに帰国し、少年野球の試合に参加した上原浩治投手(左)と巨人の高橋由伸(よしのぶ)監督=2015年12月5日、東京都墨田区(塩浦孝明撮影)

オフに帰国し、少年野球の試合に参加した上原浩治投手(左)と巨人の高橋由伸(よしのぶ)監督=2015年12月5日、東京都墨田区(塩浦孝明撮影)【拡大】

  • 管理栄養士、大前恵(おおまえ・けい)さん=2015年6月15日(明治提供)

 私が勤務する明治がスポーツサプリメントの提供など栄養サポートを行っている大リーグ、レッドソックスの上原浩治投手がシーズンオフの昨年12月、日本に帰国しました。私にとって恒例になっているのですが、東京都内のグラウンドでの練習を見学するため、何度か訪れました。

 ジョギングから始まって、キャッチボールや遠投。その後は室内トレーニング場に移って、体全体のストレッチからウエートトレーニングと続きます。時折、こちらに軽口をたたきつつ、それ以外は黙々とメニューを消化していきます。

 上原投手を見ていると、「超一流の人は続ける力がずばぬけているな」と感心します。

 食事面も含めて、1カ月とか1年という単位であれば、「あれもやろう」「これもやってみよう」と興味本位で取り組む選手はいます。だけど、14年間、同じことを続けるとなると、できる人は限られてきます。

 アスリートが活躍するには、類いまれな才能も必要ですが、地道に努力を積み重ねる忍耐も欠かせないのだと痛感させられます。

本人の意思が大事

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ