サイトマップ RSS

喜び、悲しみ…わがもののように 鈴木日宣 (1/5ページ)

2016.2.9 11:00

日蓮宗系の尼僧、鈴木日宣(すずき・にっせん)さん=2015年10月29日、千葉県内(野村成次撮影)

日蓮宗系の尼僧、鈴木日宣(すずき・にっせん)さん=2015年10月29日、千葉県内(野村成次撮影)【拡大】

 【尼さんの徒然説法】

 真っ白な息が青空に吸い込まれては消えていく冬の朝。ザックザック-。霜柱を踏みしめ軽快な音を立てながらお堂に向かいます。耳も指先も真っ赤になるほどの寒さですが、森や土の中では来るべき「春」のための準備が着々となされています。日一日と確実に春へと向かう自然界。私たち人間も温かく穏やかな人生の春に向かって歩みを運びましょう。

 無くしたサイン帳

 今回は「命のサイン帳」というお話をご紹介したいと思います。米国のディズニーランドでのお話です。

 ある日インフォメーションに憔悴(しょうすい)しきった男性が「サイン帳の落とし物は届いていませんか」と尋ねてきました。息子さんとキャラクターのサインをもらって歩き、あと少しでサイン帳が埋まるというところで無くしてしまったというのです。そうした届け物はなく、スタッフの女性は、どのようなサイン帳であったか、いつまで滞在しているかを尋ね、お帰りになる前にもう一度ここにお寄りくださいと答えました。

「命のサイン帳」というお話

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ