サイトマップ RSS

【ジャンプ】高梨沙羅、W杯10連勝 異次元を飛ぶ 愛される女王 (1/4ページ)

2016.2.10 14:00

高梨沙羅(さら)は独り異次元の空を飛ぶ=2016年2月7日、オーストリア・ヒンツェンバッハ(AP)

高梨沙羅(さら)は独り異次元の空を飛ぶ=2016年2月7日、オーストリア・ヒンツェンバッハ(AP)【拡大】

  • 高梨沙羅(さら)のジャンプは高く遠くへ、誰とも違う飛行線を描く=2016年2月7日、オーストリア・ヒンツェンバッハ(AP)
  • 高梨沙羅(さら)が飛ぶ眼下には美しき町並みがみえる=2016年1月30日、ドイツ・オーベルストドロフ(AP)
  • W杯第10戦で8連勝を決め、表彰式に臨む高梨沙羅(さら、中)。外国選手に比べるとこんなに小さい=2016年2月4日、ノルウェー・首都オスロ(AP)

 日本のスポーツ界には、「異次元の存在」と呼ぶにふさわしい選手が3人いる。

 一人はフィギュアスケートの羽生結弦(はにゅう・ゆづる、21)。圧倒的な4回転ジャンプの成功率の高さと華麗なステップ、鬼気迫る演技力で今季、前人未到の300点台を連発した。

 彼の憧れであり目標でもあったプルシェンコに「ユヅルはフィギュアの新たなステージを切り開いた。今は私が彼のファンだ」といわしめた。羽生が切り開いた300点台に安藤美姫(みき)の恋人、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)も到達したが、まだまだ得点差は大きい。

 もう一人は体操の内村航平(27)。ロンドン五輪の個人総合金メダリストで、世界選手権のこの種目6連覇中。スペシャリスト全盛の世界の中で、死角なく全種目で美しい演技で魅了し、なお新たな技に闘志を絶やさない。世界の全選手の憧れの存在である。

 もう一人、それがスキー女子ジャンプの高梨沙羅(さら、19)だ。7日、オーストリアのヒンツェンバッハで行われたW杯個人第12戦で圧勝し、W杯10連勝を果たした。今季12戦で11勝目。1本目でヒルサイズ(94メートル)を上回るジャンプ台記録の98メートルを飛ぶと、2本目も90メートルにまとめ、2位のダニエラ・イラシェコ(オーストリア)に大差をつけた。

「鳥人」と呼ばれたニッカネンの46勝を射程内に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ