サイトマップ RSS

「中韓蜜月」の夢破った北ミサイル (1/4ページ)

2016.2.16 09:30

2月7日、「衛星」打ち上げと称する長距離弾道ミサイルの発射を見守る金正恩第1書記(中央)=2016年、北朝鮮(共同)

2月7日、「衛星」打ち上げと称する長距離弾道ミサイルの発射を見守る金正恩第1書記(中央)=2016年、北朝鮮(共同)【拡大】

 【国際情勢分析】

 北朝鮮による核・ミサイル実験は、韓国世論を“中韓蜜月”といううたかたの夢から揺り覚まさせたようだ。韓国メディアの大半は、対北制裁に本腰を入れない中国にいらだちを示し、中国が猛反発する米国の最新鋭地上配備型迎撃システム、高高度防衛ミサイル(THAAD(サード))の韓国配備を支持。「米国の核の傘」は心許ないと、北朝鮮に対抗して、独自に核武装すべきだとの主張も目立ち始めた。

 THAAD配備は必要

 「問題は、北朝鮮がミサイルで攻撃してきた場合、現在の防衛システムで迎撃することが極めて難しいことだ」。韓国紙、東亜日報は、社説(2月4日、以下、記事はいずれも電子版)でこう指摘し、今年から韓国に導入される地対空誘導弾パトリオット(PAC3)だけでは限界があるとして、THAAD配備の必要性を強調した。

昨年9月、中国の抗日戦勝70年軍事パレードに出席

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ