サイトマップ RSS

生き方編 嫉妬…360度の視線が消えていく (1/3ページ)

2016.2.16 11:00

美容家、IKKO(いっこー)さん=2013年11月1日(富田眞光さん撮影、提供写真)

美容家、IKKO(いっこー)さん=2013年11月1日(富田眞光さん撮影、提供写真)【拡大】

  • 「IKKOのちょっと開運」(リンダパブリッシャーズ、1200円+税、提供写真)
  • カネボウ「フレッシェル」シリーズのミスト状化粧水「スキンフレッシュナー」(提供写真)

 【美のカリスマ IKKOのちょっといい話 聞きたい?】

 恋。甘くも、苦しいものですよね。恋のはじめはあんなにもあの人の視線を360度感じられたのに、いつのまにか、視線が減っていってしまう…。恋愛って、なんなのでしょう。相手の360度の視線を独り占めにする。それが、恋愛の最初ですよね。

 変わる愛のかたち

 でも、関係を重ねるうちに、愛のかたちは変わっていきます。あなたに360度注がれていた視線も、やがて変わっていく。360度の視線が、300度に…。

 そこで生まれるのが嫉妬です。嫉妬って、言葉で言うと、単にやきもちをやくということ。嫉妬という言葉を考えてみたとき、きっと嫉妬を抱くのは、まだ相手のことが好きなときなのでしょうね…。好きだからこそ、相手の行動が気になってしまって、どんどん自分に余裕がなくなってしまう。行き場のない怒りをもてあまして、相手に嫌みをぶつけてしまうこともありますよね。今まで知ることのなかった新しい自分が、相手に、つらい言葉を投げかけてしまう。相手は、重くなり、嫌になり、そして遠ざかっていってしまう…。

不安な気持ち伝える

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ