サイトマップ RSS

【鎌倉海びより】ブレストの風よ吹け (1/2ページ)

2016.2.16 10:00

1964年の東京五輪で会場となったときにヨットハーバーが開設され、当時の聖火台も残っている=2016年2月6日、神奈川県藤沢市

1964年の東京五輪で会場となったときにヨットハーバーが開設され、当時の聖火台も残っている=2016年2月6日、神奈川県藤沢市【拡大】

 円覚寺仏日庵で1月16日に開かれた第1回江ノリンピックミーティングの報告を続けよう。会合ではブレストが行われた。平泳ぎじゃありませんよ。

 「ブレインストーミング」。10人くらいの小グループで、わいわいと意見を出し合い、新しいアイデアを生み出していく。そんな会議手法ですね。江の島が2020年夏季五輪のセーリング競技会場になる。わくわくする話なのだが、地元には解決すべき問題も出てくる。ブレストでその解決策をさぐり、湘南が最高に盛り上がれる大会にしようというわけだ。

 一例を挙げれば、江の島には前回1964年の東京五輪で会場となったときにヨットハーバーが開設され、なんと聖火台も残っている=写真。普段このヨットハーバーを利用する約1000隻の船は2020五輪開催中、どこに避難するのか。

 他にも、訪れる人の宿泊、交通はどうなる? 海水浴場は? ごみは? そもそもどうすれば地元が盛り上がるのか…。

質問はしない。人の意見を否定しない。無理だと言わない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ