サイトマップ RSS

βカロテン豊富 成長期の子供にも 小松菜と豚肉の中華風炒め他 (1/5ページ)

2016.2.18 10:30

小松菜と豚肉の中華風炒め。※307kcal、塩分1.9グラム(1人分)

小松菜と豚肉の中華風炒め。※307kcal、塩分1.9グラム(1人分)【拡大】

  • 小松菜と豚肉の中華風炒め(作り方1)__豚肉に[合わせ調味料:酒・かたくり粉_各大さじ1、塩_ひとつまみ)]をもみこむ(田中幸美撮影)
  • 小松菜と豚肉の中華風炒め(作り方3)__残りの油を熱し、[作り方1:調理した豚肉]をほぐしながら炒め、色が変わったら[作り方2:調理 した小松菜、ニンジン]をもどす。そこにBを回し入れて、さっと炒めて器に盛り、すりごまをふる。
  • 白菜と豆腐のスープ。※43kcal、塩分0.9グラム(1人分)
  • 料理家、管理栄養士、ダイエットコーディネーター。「スタジオ食」代表の牧野直子さん=2014年4月21日(田中幸美撮影)

 【牧野直子の健康ごはん】

 小松菜は冬が旬の青菜のひとつ。名前は東京の小松川(現在の江戸川区)に由来しているのは知られるところです。実際の生産量は埼玉県が第1位ですが、東京、神奈川もそれに次ぐ産地で主に関東で作られています。ですが、小松菜は地域で土着のものがあり、群馬の武州寒菜(ぶしゅうかんな)、新潟の大崎菜(おおさきな)などがあります。

 栄養面では緑黄色野菜なので、βカロテンが豊富です。また、成長期の子供たちが積極的に取りたいカルシウムや鉄が多いので、学校給食でもよく使われます。

 青菜はホウレンソウもそうですが、アクがあるので、ゆでてから調理をします。一方の小松菜はアクが少ないので、今回のようにゆでずに直接、炒めることができます。みそ汁の場合も、ゆでずに食べやすく切って、煮立っただし汁に入れるだけでOKのお手軽な青菜です。胎児や乳児の発育に欠かせない葉酸が多く、カルシウムや鉄がより多く必要な妊産婦や授乳中の方にもおすすめの青菜です。

 ところで最近は「作りおきおかず」のレシピ本が人気で、多数出版されていますね。私もこうした本の仕事をさせていただきましたが、実際作りおきのおかずがあると、普段の食事で1品足りない、酒のさかなに1品ほしい、朝、お弁当を一から作らなくていいなど、助かります。

作りおきできるおかず

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ