サイトマップ RSS

2024年五輪、4都市が立候補書類提出

2016.2.19 07:00

 国際オリンピック委員会(IOC)は17日、2024年夏季五輪招致の立候補ファイルで開催計画やビジョンを示した第1段階の申請を締め切り、パリ、ローマ、ブダペスト、ロサンゼルスの4都市が提出した。政府の財政保証などを求める第2段階は10月7日、大会運営や会場の後利用計画を記した第3段階は来年2月3日が提出期限。

 コスト削減や既存施設活用を打ち出したのが特徴でパリは95%の施設が既存か仮設になる。ロサンゼルスは97%が既にある施設か、個人投資家による支援で建設することを強調した。バッハ会長は「4都市とも強力で大会後のレガシーを明確にしている」と声明を出した。(共同/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ