サイトマップ RSS

ママ業もバレリーナも全力でエンジョイ 映画「Maiko ふたたびの白鳥」 西野麻衣子さんインタビュー (1/6ページ)

2016.2.19 13:00

「毎日を全力でエンジョイしたい」と語る西野麻衣子さん=2015年11月30日、東京都港区のノルウェー大使館(高橋天地撮影)

「毎日を全力でエンジョイしたい」と語る西野麻衣子さん=2015年11月30日、東京都港区のノルウェー大使館(高橋天地撮影)【拡大】

  • 【メディアトリガーplus】ドキュメンタリー映画「Maiko_ふたたびの白鳥」(オセ・スペンハイム・ドリブネス監督)。2月20日公開(ミモザフィルム提供)
  • ドキュメンタリー映画「Maiko_ふたたびの白鳥」(オセ・スペンハイム・ドリブネス監督)。2月20日公開(ブラウニー提供)

 東洋人としては初の快挙となる名門ノルウェー国立バレエ団のプリンシパルへの抜擢(ばってき)は、弱冠25歳のときのこと。難役とされる「白鳥の湖」に臨み、全幕でオデット(白鳥)とオディール(黒鳥)を見事に演じ分けたことで評論家たちから高い評価を受け、西野麻衣子(35)は、瞬く間にノルウェーで最も有名な日本人となった。

 30代を迎えた西野は、オペラハウスの芸術監督でノルウェー人の夫、ニコライとの間に長男を授かった。栄誉あるその座を虎視眈々(たんたん)と狙い黙々と練習を重ねる若手バレリーナたちの台頭も著しい中、プリンシパルにとって妊娠は「思いがけない出来事」ではあった。しかし、西野はこの地位を死守しつつ、子育てもしっかりこなしていこうと決意を固めた-。

 出産、育児休暇を経て、プリンシパルへカムバックした西野が再び「白鳥の湖」を演じ終えるまでの苦闘を丹念に追ったノルウェーのドキュメンタリー映画「Maiko ふたたびの白鳥」(原題『Maiko:Dancing Child』、オセ・スペンハイム・ドリブネス監督)はこうして誕生し、この度日本でもお目見えすることになった。

働く母に勇気づけられ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ