サイトマップ RSS

【米大統領選】指名争い第3戦 トランプ氏とクリント氏勝利 ブッシュ氏撤退 共和主流派反撃も (1/5ページ)

2016.2.22 08:00

米大統領選の指名争いの第3戦で明暗を分けた候補者たち。共和党のドナルド・トランプ氏=2016年2月21日、米サウスカロライナ州スパータンバーグ(ロイター)

米大統領選の指名争いの第3戦で明暗を分けた候補者たち。共和党のドナルド・トランプ氏=2016年2月21日、米サウスカロライナ州スパータンバーグ(ロイター)【拡大】

  • 米大統領選の指名争いの第3戦で明暗を分けた候補者たち。共和党のジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(左)=2016年2月20日、米サウスカロライナ州スパータンバーグ(AP)
  • 米大統領選の指名争いの第3戦で明暗を分けた候補者たち。民主党のヒラリー・クリントン前国務長官=2016年2月20日、米ネバダ州ラスベガス(AP)
  • 米大統領選の指名争いの第3戦で明暗を分けた候補者たち。民主党のバーニー・サンダース上院議員=2016年2月20日、米ネバダ州ラスベガス(AP)

 11月の米大統領選に向けた候補者選びの第3戦が20日行われ、共和党は反主流派の実業家、ドナルド・トランプ氏(69)が2位以下に大差をつけ、ニューハンプシャー州に続き2連勝した。民主党はヒラリー・クリントン前国務長官(68)がバーニー・サンダース上院議員(74)との接戦を振り切った。

 両候補は、予備選や党員集会が10州以上で行われる3月1日の「スーパーチューズデー」へ弾みをつけた。共和党は前大統領の弟であるジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(63)が撤退を表明、主流派候補の一本化が今後の指名争いを左右する見通し。民主党はサンダース氏が全米規模で知名度を上げている。両党ともなお予断を許さない状況が続きそうだ。

 共和党は南部サウスカロライナ州で予備選を、民主党は西部ネバダ州で党員集会を開いた。トランプ氏はサウスカロライナ州スパータンバーグで「米国を再び偉大な国にしよう」と勝利宣言。クリントン氏もネバダ州ラスベガスで「望む未来は手の届くところにある」と語った。

マイノリティーからの支持が厚いとされるクリントン氏は有利

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ