サイトマップ RSS

声の饗宴による圧倒的エネルギー 「合唱で聴くオーケストラとオペラの名曲」 月刊音楽情報誌「モーストリー・クラシック」4月号 (2/3ページ)

2016.2.24 13:30

ベルディの歌劇「アイーダ」第2幕凱旋の場(2009年10月、メトロポリタン歌劇場公演、ソーニャ・フリゼル演出)Photo:Marty_Sohl/MetroporitanOpera(提供写真)

ベルディの歌劇「アイーダ」第2幕凱旋の場(2009年10月、メトロポリタン歌劇場公演、ソーニャ・フリゼル演出)Photo:Marty_Sohl/MetroporitanOpera(提供写真)【拡大】

  • 月刊音楽情報誌「モーストリー・クラシック」4月号

 ベルディと同じ時代のドイツの大作曲家、ワーグナーのオペラも合唱が必要不可欠だ。19世紀から今日まで上演され続けている「さまよえるオランダ人」「タンホイザー」「ニーベルングの指環」「ニュルンベルクのマイスタージンガー」などの歌劇で合唱の素晴らしさを堪能できる。

 例えば、「ローエングリン」は、第2幕前半と第3幕前半を除き、合唱は歌いっぱなし。合唱は「一転して突如現れた英雄ローエングリンを、皆が賛美する。強い者になびき、付和雷同する大衆の弱さと愚かさを、これほどまでに残酷に描いた例もそうはない」(音楽評論家、広瀬大介氏)。

 交響曲に声楽入れる

 交響曲に声楽を入れるという革命的な作曲をしたのがベートーベン。交響曲第9番の4楽章に独唱や合唱が入っている。器楽曲、オーケストラ曲など絶対音楽で革新的な仕事をしてきたベートーベンだが、晩年の第九になぜ「歓喜の歌」を入れたのだろうか。大阪音楽大の中村孝義教授は「合唱こそが、より多くの人が容易にこうした本格的な作品に直接演奏という形で関わることが可能になる領域だからだ」と指摘する。

マーラーが書いた作品の中でも屈指であり…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ