サイトマップ RSS

【米大統領選】トランプ氏3連勝 3・1決戦へ弾み 共和党候補指名争い第4戦 (1/3ページ)

2016.2.25 07:30

共和党の大統領候補者選び第4戦となるネバダ州党員集会で圧勝したドナルド・トランプ氏=2016年2月23日、米ネバダ州ラスベガス(AP)

共和党の大統領候補者選び第4戦となるネバダ州党員集会で圧勝したドナルド・トランプ氏=2016年2月23日、米ネバダ州ラスベガス(AP)【拡大】

  • 米共和党のマルコ・ルビオ上院議員(ゲッティ=共同)

 米大統領選の共和党候補指名争い第4戦、西部ネバダ州党員集会が23日開かれ、不動産王のドナルド・トランプ氏(69)が2位以下に大差をつけて勝利、3連勝となった。予備選や党員集会が集中する3月1日のスーパーチューズデーを前に、支持拡大へさらに弾みをつけた。党主流派として劣勢挽回が注目された若手のマルコ・ルビオ上院議員(44)は振るわなかった。

 非エリート層取り込み

 AP通信によると、開票率100%でトランプ氏の得票率は45.9%。ルビオ氏が23.9%、テッド・クルーズ上院議員(45)が21.4%で続いた。

 第3戦の南部サウスカロライナ州予備選で4位に終わったジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(63)の撤退により、同じ主流派として受け皿になるとみられたルビオ氏の戦いぶりも焦点だったが、トランプ氏に迫ることはできなかった。

 3月1日には10州以上で予備選などが集中するスーパーチューズデーを控える。党指導部は主流派の支持をルビオ氏に一本化することを試みるが、トランプ氏の背中はまだ見えない。

ドナルド・トランプ氏「心配するな。壁は建てる。払うのは誰だ?」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ