サイトマップ RSS

【サッカー】なでしこ あす豪州戦 川澄奈穂美「キックオフから全力」 (1/2ページ)

2016.2.28 05:20

試合会場で公式練習する川澄奈穂美(なほみ)=2016年2月27日、大阪市東住吉区のキンチョウスタジアム(共同)

試合会場で公式練習する川澄奈穂美(なほみ)=2016年2月27日、大阪市東住吉区のキンチョウスタジアム(共同)【拡大】

 サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選で4大会連続の五輪切符を目指す日本代表「なでしこジャパン」は27日、試合会場となる大阪市のキンチョウスタジアムで公式練習した。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング4位の日本は29日午後7時35分から同9位のオーストラリアとの初戦を迎える。

 予選は6チームが総当たりで争い、上位2チームが本大会の出場権を得る。

 無我夢中のプレーで日本に勢いを生んだ2011年のロンドン五輪アジア最終予選から約4年半。30歳になった川澄(INAC神戸)は「経験を重ねてきたので、周りも見えた中で大会に入れる」と心境の違いを語る。ベテランの域に入ったアタッカーは自信と責任感を胸に予選へ向かう。

 前回予選は日本が初優勝した女子ワールドカップ(W杯)から2カ月足らずの9月に開催された。W杯では準決勝での2得点でシンデレラガールとなった川澄は、勢いそのままに予選でも大活躍。全5試合に先発し、初戦の先制点を含む2点を挙げた。

「準優勝に満足などしていないし、五輪では金を取っていない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ