サイトマップ RSS

自動運転の夢遠のくグーグル過失事故 人間、AI…責任は誰に? 難題の好例 (1/4ページ)

2016.3.2 00:00

米カリフォルニア州の路上を走行するグーグルの自動運転車(AP)

米カリフォルニア州の路上を走行するグーグルの自動運転車(AP)【拡大】

 2017~20年の実用化をめざして米グーグルが開発中の自動運転車が2月中旬、公道の走行実験中、路線バスと接触事故を起こしていたことが明らかになった。グーグルでは09年から53台の自動運転車を使って計224万キロの走行テストを実施。17件の事故が起きたが、これらはすべて相手に過失がある「もらい事故」だった。しかし今回は初めて、自動運転車側の過失で事故が発生。グーグル側も自ら過失を認め、自動運転用のソフトを変更するなど対策を取ったと説明した。これまでと異なる“重大事故”で、夢の自動運転車の実用化はまだまだ先になりそうだ。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)やロイター通信などによると、グーグル側が2月23日付でカリフォルニア州の規制当局に報告。これを受け当局が29日に公表した。

 その報告によると、事故が起きたのは14日午後3時20分。車種はトヨタ自動車の多目的スポーツ車(SUV)「レクサス」のRX450hを自動運転仕様に改造したもので、グーグルの本社がある米カリフォルニア州のマウンテン・ビューを走行中、路肩に置かれた砂袋を検知したため、一旦停止後、それをよけるため左に進んだところ、左後ろから走ってきたバスの側面に接触した。

「バスがこちらに気付き、減速するか停車するはずだ」と思い込み…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ