サイトマップ RSS

北、制裁強化に反発 ミサイル発射 安保理、全会一致で決議採択 (1/4ページ)

2016.3.4 08:00

対北朝鮮制裁決議を採択した国連安全保障理事会の公開会合=2016年3月2日、米ニューヨーク(ロイター)

対北朝鮮制裁決議を採択した国連安全保障理事会の公開会合=2016年3月2日、米ニューヨーク(ロイター)【拡大】

 国連安全保障理事会は2日の公開会合で、4回目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮に対する制裁決議案を全会一致で採択し、加盟国は貨物検査や兵器禁輸措置など制裁強化策の履行に向けた作業に着手した。「過去最強」ともいわれる制裁実施で国際社会の対北朝鮮包囲網の強化を図る。

 中露、6カ国協議の再開要求

 ただ中国やロシアは北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の再開を要求し、圧力より対話を重視する姿勢を鮮明にしており、今後、強力な制裁決議を軸に北朝鮮への圧力を強めたい日米韓との立場の隔たりが大きくなる懸念もある。

 韓国軍によると、北朝鮮東部の元山付近から3日午前、短距離の飛翔体6発が日本海へ向け発射された。短距離ミサイルかロケット弾とみられ、決議採択に反発した可能性がある。

 制裁の狙いは、北朝鮮の核・ミサイル開発に関わる人・金・モノの流れを遮断し、最終的に北朝鮮指導部を核放棄に追い込むことにある。日本政府は履行徹底のため東南アジアなどの途上国を対象に貨物検査の態勢強化などを視野に技術協力を拡充する検討を進めている。

5組織の米国内資産凍結

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ