サイトマップ RSS

あえて格好悪いところを見せつける 真壁刀義&棚橋弘至選手インタビュー(2-1) (1/3ページ)

2016.3.4 11:00

映画の応援団「ウンタカ!ドラドラ団」を結成し、ダンサーとしても活躍する真壁刀義(まかべ・とうぎ)さんと棚橋弘至(ひろし)さん=2016年2月21日午後、東京都千代田区(春名中撮影)

映画の応援団「ウンタカ!ドラドラ団」を結成し、ダンサーとしても活躍する真壁刀義(まかべ・とうぎ)さんと棚橋弘至(ひろし)さん=2016年2月21日午後、東京都千代田区(春名中撮影)【拡大】

  • スタジオで緊張して声がか細くなってしまった棚橋弘至(ひろし)=2016年2月21日、東京都千代田区(春名中撮影)
  • 「映画ドラえもん_新・のび太の日本誕生」(八鍬新之介監督兼脚本、藤子・F・不二雄原則)。3月5日公開(東宝提供)。(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK_2016

 □「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」

 国民的アニメ「ドラえもん」の長編映画シリーズもこの春の新作でついに36作目を迎えた。気になるのはストーリーだが、これだけの歴史を重ねてなお色あせることはなく、むしろ過去のどの作品にも劣らず、壮大なスケール、かつ、ロマンをかき立てる仕上がりとなっている。

 何をやってもダメな小学生、のび太(声・大原めぐみ)は今日も失敗続き。現実逃避のため、深い考えもなく7万年前の日本へと家出するが、その行動が現在の日本の姿を作るきっかけとなってしまった-。そんな奇想天外な物語のタイトルは「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」(八鍬新之介監督兼脚本、藤子・F・不二雄原作)と命名された。

 「新日本」にかけて…

 本作は1989年に日本で公開され、シリーズ歴代1位を誇る約420万人の観客動員数を記録した「映画ドラえもん のび太の日本誕生」をリメークしたものだ。今回の「新・のび太の日本誕生」のストーリーライン上、欠かすことのできない極めて重要な役どころとなったのは、7万年前の中国に住む猿人に近い種族「クラヤミ族」の存在。ジャイアン(声・木村昴)かと見まがうゴリラのような風貌が特徴で、作中では他の種族やドラえもん(声・水田わさび)、のび太らに数々の狼藉(ろうぜき)を働くやからだ。

プロレスラーとして必死に頑張って、頑張って、頑張り抜いた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ