サイトマップ RSS

あえて格好悪いところを見せつける 真壁刀義&棚橋弘至選手インタビュー(2-2) (1/4ページ)

2016.3.4 11:30

「のび太たちの冒険から勇気、友情、環境問題などを学んでほしい」と力説する、プロレスラーの真壁刀義(まかべ・とうぎ)さん=2016年2月21日、東京都千代田区(春名中撮影)

「のび太たちの冒険から勇気、友情、環境問題などを学んでほしい」と力説する、プロレスラーの真壁刀義(まかべ・とうぎ)さん=2016年2月21日、東京都千代田区(春名中撮影)【拡大】

  • 「映画ドラえもん_新・のび太の日本誕生」(八鍬新之介監督兼脚本、藤子・F・不二雄原則)。3月5日公開(東宝提供)。(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK_2016
  • 「映画ドラえもん_新・のび太の日本誕生」(八鍬新之介監督兼脚本、藤子・F・不二雄原則)。3月5日公開(東宝提供)。元IWGP王者、真壁刀義、棚橋弘至の両選手が声優として挑んだ原始人「クラヤミ族」。(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK_2016

 リングの猛者も緊張

 リングでは押しも押されもせぬ王者として悠然と君臨する真壁(まかべ)と棚橋。しかし、メーンキャストの声優たちが居並ぶスタジオのアフレコでは、大きな体をなるべく小さく折りたたみ、恐縮しているほかはなかった。「僕と真壁さんと小島よしおさんでクラヤミ族の声を担当したんですけど、緊張の連続としか言いようがありませんでした…」。自信なさ気に振り返る棚橋の言葉を遮り、真壁は「クラヤミ族って僕みたいにごっつい野人みたいな奴ばっかりなんですよ。なのに隣にいる僕の後輩(棚橋)はか細い声で『精霊王ー』とか言ってるわけですよ。僕はそちらの方にビビリましたね」とユーモアたっぷりに語った。

 作中、のび太たちは、人類の歴史を根底から覆してしまいかねない、とんでもない悪者「精霊王」と対決する。22世紀の人間が持つレベルをもはるかに超えた知性を持ち、ドラえもんの道具をもってしてもまったく歯が立たない強敵と相まみえるという、まさにドラえもん史上最大級のピンチだ。しかし、そこで普段はふがいないのび太たちが勇気を振り絞って見せた心意気に、勝負師の真壁、棚橋の心は大いに動かされた。

敗者にも光が当たるのがプロレスなんです

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ