サイトマップ RSS

【サッカー】「脳震盪研究に」 元米代表が献体表明

2016.3.5 12:10

女子サッカーの元米国代表、ブランディ・チャステインさん=2004年5月13日、米カリフォルニア州カーソン(AP)

女子サッカーの元米国代表、ブランディ・チャステインさん=2004年5月13日、米カリフォルニア州カーソン(AP)【拡大】

 女子サッカーの元米国代表、ブランディ・チャステインさん(47)は3日、脳震盪(しんとう)が脳に与えるダメージなどの研究のため、死後、自身の脳を米ボストン大に提供することを明らかにした。米メディアが伝えた。

 1999年ワールドカップの米国優勝に貢献したチャステインさんは「子供の頃からサッカーをしており、ヘディングの回数は数え切れない。私の脳をサッカーをより安全なスポーツにするために役立ててほしい」と語った。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ