サイトマップ RSS

【Q&A】スマホロック解除 治安か情報保護か テロ捜査で賛否問う (1/3ページ)

2016.3.7 09:00

米下院司法委員会の公聴会で、スマートフォンのロック解除問題をめぐり証言する米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官=2016年3月1日、米国・首都ワシントン(ゲッティ=共同)

米下院司法委員会の公聴会で、スマートフォンのロック解除問題をめぐり証言する米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官=2016年3月1日、米国・首都ワシントン(ゲッティ=共同)【拡大】

 昨年12月に米カリフォルニア州で起きた銃乱射テロで、死亡した容疑者が使っていたスマートフォンのロック機能解除をめぐり、米連邦捜査局(FBI)とIT大手アップルが対立しています。

 Q どうしてですか

 A FBIが押収したiPhone(アイフォーン)は、容疑者が設定した暗証番号(パスコード)を入力しないとロックが解除できません。このため製造元のアップルに、外部から解除できるようにする基本ソフト(OS)を作るよう連邦裁判所を通じて要請。しかし、アップルは拒否しました。

 Q なぜ拒否したのですか

 A 個人情報の保護が理由です。アップル側はソフトを一度作れば複製され、犯罪者や外国の情報機関に悪用される可能性があるとしています。また米政府の要請に応じれば、外国の政府からも同様の要請が来るとして、危険な前例になると懸念しています。

スマホの中のデータに捜査の鍵となる情報がある…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ