サイトマップ RSS

東日本大震災5年 「あの日」そして「いま」(1) それぞれの未来へ、歩み続ける (1/5ページ)

2016.3.8 14:00

仙台市立六郷中女子バスケット部OBの(左から)新関花菜さん(17)、坂本美咲さん(19)、三條幸恵さん(18)。5年が経ち、坂本さんは就職、三條さんは今春専門学校に、新関さんは高校3年生になり仙台の強豪高校でバスケを続け、それぞれの道を進む=2016年3月3日、宮城県仙台市若林区(鈴木健児撮影)

仙台市立六郷中女子バスケット部OBの(左から)新関花菜さん(17)、坂本美咲さん(19)、三條幸恵さん(18)。5年が経ち、坂本さんは就職、三條さんは今春専門学校に、新関さんは高校3年生になり仙台の強豪高校でバスケを続け、それぞれの道を進む=2016年3月3日、宮城県仙台市若林区(鈴木健児撮影)【拡大】

  • 震災のため使用できなくなった体育館での練習をあきらめ、がれきの中をランニングする仙台市立六郷中学校女子バスケットボール部を紹介した2011年4月19日付のEX紙面
  • 震災直後の始業式で撮影した写真を手にする岩手県陸前高田市立高田小学校6年生の(写真左から)金野彩芽(こんの・あやめ)さん、馬場友夢(ゆうゆ)さん、船砥大(ふなと・だい)君=2016年1月21日(大西正純撮影)
  • 犬のトリマーになるための専門学校に通う福島レイさんは、すっかり大人の雰囲気に=2016年3月2日、宮城県仙台市青葉区(鈴木健児撮影)
  • 冠水した道路を裸足になって自転車に乗り下校する福島レイさん(左)=2011年5月31日、宮城県石巻市(桐山弘太撮影)
  • 宮原伶奈さんと妹の杏奈さんは、自宅前で仲良く手を繋いでポーズを取ってくれた=2016年2月1日、宮城県仙台市青葉区(鈴木健児撮影)
  • メッセージを掲げる宮原伶奈さん。当時から笑顔を絶やさなかった=2011年3月31日、岩手県大船渡市(矢島康弘撮影)
  • 4年8カ月の仮設暮らしを終え昨年11月、新居へ引っ越した松野浩二さん=2016年2月3日、岩手県陸前高田市(川口良介撮影)
  • ベランダに取り残され救助を求める人たちの中に松野浩二さんの姿もあった=2011年3月12日(本社ヘリから、門井聡撮影)
  • 専修大学ボクシング部で、リーグ戦に向けて厳しい練習を重ねる岸野康太郎さん=2016年2月15日、神奈川県川崎市多摩区(鴨川一也撮影)
  • 津波でリングが流れてしまい、ビニールハウスで練習を続けた宮城県立農業高校ボクシング部のメンバー。左端が岸野康太郎さん=2011年5月24日、宮城県名取市(桐山弘太撮影)
  • 宮城県仙台市若林区
  • 岩手県大船渡市、岩手県陸前高田市、宮城県石巻市、宮城県名取市

 ≪夢に向かって、力強く≫

 2011年3月11日の東日本大震災発生から約1カ月後のある日、記者は道端に積まれたがれきの中をランニングする一団に出会った。仙台市立六郷中学校の女子バスケット部の選手たちだ。学校のある若林区が津波で大きな被害を受けたため、体育館が避難所となって使用できなくなり、できる練習をしようとがれきの中に飛び出したのだ。

 あのときのメンバーのうち3人が集まってくれた。3人は、別々の高校に進んだが、自宅は近所同士。昨春就職し、仙台市内の作業服などを売る店舗で働くのは坂本美咲さん(19)。3人の中で一番のお姉さんだ。学生から責任の伴う社会人となった今、「自分は何をすべきか模索中」と話す。給料で購入したお気に入りの軽自動車が通勤の大事な足となっている。

 三條幸恵(ゆきえ)さん(18)は、今春高校を卒業、4月からは仙台市内にあるスポーツ関係の専門学校へ進む。中学時代のバスケットから一転、高校は全国大会に出場するほどの強豪校で3年間、新体操に没頭した。夢はスポーツジムのインストラクター。競技エアロビクスにも挑戦し、卒業後は東京で修行したいという。

「貴重な経験で楽しかった部分もあったが、二度とあんな体験はしたくない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ