サイトマップ RSS

【国際情勢分析】国連の対北制裁 韓国紙は論調二分 (1/4ページ)

2016.3.8 09:30

3月3日、国連安保理が対北朝鮮制裁決議を採択したことを報じる、ソウル駅構内の街頭テレビに見入る人々。画面に映し出された金正恩第1書記の考えを変えさせるには、決議の揺るぎない実行が必要だ=2016年、韓国・首都ソウル(AP)

3月3日、国連安保理が対北朝鮮制裁決議を採択したことを報じる、ソウル駅構内の街頭テレビに見入る人々。画面に映し出された金正恩第1書記の考えを変えさせるには、決議の揺るぎない実行が必要だ=2016年、韓国・首都ソウル(AP)【拡大】

 4回目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮に対し、国連安全保障理事会が3日(日本時間)、全会一致で採択した制裁決議について、韓国では歓迎の立場の保守系紙と否定的な左派系紙とに論調が分かれた。

 7年を無駄にした中国

 北朝鮮に厳しい姿勢の保守系紙、朝鮮日報(電子版)は4日、韓国の市民団体「北朝鮮民主化ネットワーク」の研究員で人権活動家、金永煥(キム・ヨンファン)氏が記した「北朝鮮問題で7年を無駄にした中国」と題する寄稿を掲載した。「制裁の内容は厳しいが、それが本当に効果を発揮するかどうかは今後の中国政府の意志に掛かっている」と、制裁の実効性について疑問を呈している。

 その理由として制裁の例外条項を挙げ、「北朝鮮の収入源の中で最も大きな割合を占める石炭輸出も、国民生活がその目的である場合は認められているが、何が国民生活のためとなるかは中国政府の判断に委ねられており、これはつまり中国が制裁レベルをいくらでも調整できるということだ」としている。

5者協議で実効確保を

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ