サイトマップ RSS

S・ラシュディ 前妻の暴露本で悪夢?

2016.3.8 12:30

英作家、サルマン・ラシュディ氏=2016年2月22日、米カリフォルニア州ビバリーヒルズ(ロイター)

英作家、サルマン・ラシュディ氏=2016年2月22日、米カリフォルニア州ビバリーヒルズ(ロイター)【拡大】

 イスラム教の預言者ムハンマドを風刺する小説「悪魔の詩」(1988年)を書き、処刑実行者への懸賞金がかけられている英作家、サルマン・ラシュディ氏(68)の前妻(45)が、回顧録の中で、ラシュディ氏を「嫉妬深く、冷たい男だ」などと批判している。6日、英メディアが伝えた。

 この本は、インド出身のモデル、パドマ・ラクシュミさんが8日に出版する「ラブ、ロス、アンド・ホワット・ウィー・エイト」。2007年に離婚したラシュディ氏との生活などがつづられている。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ